『ワンピース』に関する ”うんちく” がいろいろ揃うブログです

単行本

【ワンピース】編の順番を時系列にまとめてみた!人気の島はどこ?

投稿日:2017年4月27日 更新日:

大人気コミック「ワンピース」。国民的人気漫画もすっかり長寿作品となり、ワンピース読みたさに週刊少年ジャンプの発売を毎週楽しみに待っていた子供ももう大人です。

今回はかなりの数となったストーリーのそれぞれの編の順番を時系列順に分類。また人気、おすすめのストーリーはどの編なのかも含めて見ていきます。

 

スポンサーリンク

 

ワンピースも2017年で連載20周年!

連載20周年目を迎え、週刊少年ジャンプにおいて「こちら葛飾区亀有公園前派出所」に次ぎ、歴代2位となる長期連載作品となっている「ワンピース」。

国内累計発行部数も歴代トップに君臨し、ギネス世界記録にも登録されるなど、名実ともに日本一の漫画と言えるでしょう。

また4月29日(日)から東京タワーにて連載20周年を記念したスペシャルイベントが開催されます。

特別企画展「ログ ギャラリー」や大人気のエンターテイメントショー第3弾「ONE PIECE LIVE ATTRACTION」の開幕など楽しみなイベントが目白押し。

ワンピースファンにとっては待ちきれないゴールデンウィークとなりそうですね。

 

東京ワンピースタワーの前売りチケットはセブンがお得?当日券とも比較する

 

編が増えてきて順番が混乱!時系列に整理

ここで各編を時系列に整理してみましょう。

【超新星編】

<東の海編(1巻〜12巻)>

【ワンピース】エピソードオブイーストブルーは何巻何話からどこまで?

・冒険の始まり(1巻)

・シェルズタウン編(1巻)

・オレンジの町編(1巻〜3巻)

・シロップ村編(3巻〜5巻)

・バラティエ編(5巻〜8巻)

・アーロンパーク編(8巻〜11巻)

・ローグタウン編(11巻〜12巻)

 

<アラバスタ編(12巻〜23巻)>

【ワンピース】アラバスタ編の単行本巻数!何巻何話からどこまで?

・ウイスキーピーク編(12巻〜13巻)

・リトルガーデン編(13巻〜15巻)

【ワンピース】リトルガーデン編の単行本巻数!何巻何話からどこまで?

・ドラム島編(15巻〜17巻)

・アラバスタ編(17巻〜23巻)

 

<空島編(24巻〜32巻)>

・ジャヤ編(24巻〜25巻)

・空島編(26巻〜32巻)

 

<ウォーターセブン編(32巻〜46巻)>

・ロングリングロングランド編(32巻〜34巻)

・ウォーターセブン編(34巻〜39巻)

・エニエス・ロビー編(39巻〜46巻)

 

<スリラーバーク編(46巻〜50巻)>

【ワンピース】スリラーバーク編の単行本巻数!何巻何話からどこまで?

 

<頂上戦争編(50巻〜61巻)>

・シャボンディ諸島編(50巻〜53巻)

・女ヶ島編(53巻〜54巻)

・インペルダウン編(54巻〜56巻)

・マリンフォード編(56巻〜61巻)

 

【新世界編】

<魚人島編(61巻〜66巻)>

【ワンピース】魚人島編の単行本巻数!何巻何話からどこまで?

 

<パンクハザード編(66巻〜70巻)>

【ワンピース】パンクハザード編の単行本巻数!何巻何話からどこまで?

 

<ドレスローザ編(70巻〜80巻)>

 

<四皇編(80巻〜)>

・ゾウ編(80巻〜82巻)

・ホールケーキアイランド編(82巻〜)

 

人気のお話は何編?個人的におすすめの島はココ!

頂上戦争編やアラバスタ編などが数あるワンピースのお話の中でも特に人気の高いシリーズとして挙げられますが、人気に加え、ストーリーの完成度、簡潔さ、面白さのすべてを兼ね備えるシリーズと言えばやはり東の海編なのかなと。東の海編で始まって、すべての伏線がつながり、東の海編で終わるんじゃないのかなという気もしています。

ルフィ、ゾロ、ナミ、ウソップ、サンジの仲間5人が揃う始まりの物語であり、今なお高い人気を誇るシリーズですが、実はワンピースではほとんど見られない1話完結型のストーリーが含まれていることもおすすめしたいポイントの一つ。

コミックス3巻第22話『あんたが珍獣』がそれです。「箱入り息子」のガイモンがさんいい味出してます。もしかするとガイモンさんのお話も何らかの形でone piece(ひとつなぎの秘宝)につながってくるのかもしれませんが。扉絵に出ていた樽入り女との関係も知りたいものです。

 

まとめ

・ワンピースは今年で連載20周年

・4月29日(日)からは東京タワーにおいて連載20周年を記念したイベントも開催される

・ワンピースは大別すると【超新星編】と【新世界編】の二つに分類される

・【超新星編】は東の海編・アラバスタ編・空島編・ウォーターセブン編・スリラーバーク編・頂上戦争編で構成されている

・【新世界編】は魚人島編・パンクハザード編・ドレスローザ編・四皇編で構成されており、現在も連載中

・数あるシリーズの中でも特に人気のエピソードは東の海編、アラバスタ編、頂上戦争編などが挙げられる

・東の海編にはワンピースには大変珍しい一話完結型のエピソードも含まれている

 

現在も怒涛のストーリー展開から目が離せない少年漫画の王様「ワンピース」ですが、たまには昔の話を読み返してみるのも良いものです。

子供の頃に読んだ時とは違った感想を抱いたり、懐かしさに浸ったりすることが、
大好きな「ワンピース」をもっと好きになれるきっかけになるかもしれませんよ。

伏線が未回収なところを見つけるのもまた楽しいです。

 

公式サイト

https://one-piece.com/

東京ワンピースタワー

https://onepiecetower.tokyo/

 

関連記事

東京ワンピースタワーに行くツアーはJTBがおすすめ?他と比較してみた

東京ワンピースタワーへのアクセス!東京駅からの行き方と最寄り駅は?

東京ワンピースタワーへ!羽田空港からの行き方を紹介

スポンサーリンク

-単行本


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ONE PIECE エピソードオブ東の海(イーストブルー)~ルフィと4人の仲間の大冒険!!~

こちらの記事も読まれています

アーカイブ