漫画『ワンピース』の ”うんちく” がいろいろ揃うブログ。

キャラ

ロビンの「生きたい」は何巻何話?(ワンピースの代表的名シーンはこちら)

投稿日:2018年4月29日 更新日:

アラバスタ編終了後、麦わらの一味と行動をともにするようになったロビン。

当初つかみどころのなかったロビンですが、それも背負っているものの大きさ故。

ロビンが心を開き「生ぎたいっ!!!!」と叫んだシーンは感動必至です。

この名シーン、何巻何話でアニメなら何話だったのか?紹介します。

スポンサーリンク

ロビンの生きたいは何話?

単行本は?

ロビンが「生ぎたいっ!!!!」と言う話は、

単行本だと41巻に収録されている第398話「宣戦布告」になります。

 

アニメは?

アニメだと、

第278話の「生きたいと言え! オレ達は仲間だ!!」

の回で見ることができます。

ワンピースアニメを全話観れる動画配信サービス!本当のオススメは?

ロビンにとって、人生の転換点とも言える話なので、このエピソードが好きという方が多いのもうなずけます。

エニエス・ロビーの一件の後、ロビンは麦わらの一味のメンバーの呼び方が変わっていますので、それを見直すのも楽しいですよ。

 

「生ぎたいっ!!!!」は今でも泣く!

ウォーターセブン編で麦わらの一味から離脱すると宣言したロビンですが、政府の諜報機関CP9に連れ去られ、エニエス・ロビーにある司法の塔に閉じ込められてしまいます。

ロビンが一味を離脱しようとした理由。

 

ー私を除く

〝麦わらの一味〟の6人が

無事にこの島を出航する事

出典:ONE PIECE 38巻第359話p40 尾田栄一郎 株式会社集英社 2005年7月9日第1刷

 

それは麦わらの一味の命。

悪魔の子と蔑まれ続けた20年。

【ワンピース】ロビン過去編は何巻何話からどこまで?アニメだと何話から何話まで?

すべてを受け止めてくれる麦わらの一味との出会いはロビンにとってかけがえのないものだったに違いありません。

この時点で、すでにじんわりきてしまいます…。

 

そしてロビンの心に閊えていたもの。

 

青キジの時も!!

今回の事も…!!

もう二度もあなた達を巻き込んだ…!!!

 

これが永遠に続けば

どんなに気のいい

あなた達だって……!!

 

いつか重荷に思う!!!!

いつか私を裏切って

捨てるに決まってる!!!

 

それが一番恐いの!!!

……だから助けに来て欲しくもなかった!!!

 

出典:ONE PIECE 41巻第398話p196 尾田栄一郎 株式会社集英社 2006年4月9日第1刷

 

それは、寄る辺ないロビンにとって、唯一心を許せる仲間となった麦わらの一味から捨てられてしまう事。

ロビンの過去を思うとこんな風になってしまうのもわかります。

 

しかしながら、ここから先のルフィの宣戦布告がかっこいい!

そげキングとの息もぴったりです。

旗を撃ち抜くそげキング。

 

「生きたい」と言えェ!!!!

出典:ONE PIECE 41巻第398話p202 尾田栄一郎 株式会社集英社 2006年4月9日第1刷

 

ロビンは、これまでの辛い過去を思い出します。

悪魔の子と蔑まれ、「生きる」事を「望んではいけない事」と思っていたロビン。

一方でサウロの言葉もフィードバックしています。

心の奥底では自分を助けてくれる仲間を望んでいたのかもしれません。

 

生ぎだい!!!!

…!!!

私も一緒に

海へ連れてって!!!

出典:ONE PIECE 41巻第398話p202 尾田栄一郎 株式会社集英社 2006年4月9日第1刷

 

堰を切ったようにロビンの口から出てきた言葉に思わず泣いてしまったのは私だけではないはずです。

普段クールなロビンだからこそ、感情を爆発させたような「生ぎだい!!!!」の言葉が刺さります。顔は涙と鼻水でぐちゃぐちゃです。

 

まとめ

・ロビンの「生ぎたいっ!!!!」は、単行本41巻の第398話

・アニメだと第278話

 

ワンピースは感動する回が多いので、どの話が一番感動したか?と考えると悩んでしまいますが、このロビンの「生ぎたいっ!!!!」は鉄板とも言えるくらい、ワンピース好きなら外せない感動回だと思います。

 

関連記事

【ワンピース】ゾロの「何もなかった」は何巻何話でアニメだと何話?

【ワンピース】2年後とは? 再会は何巻何話でアニメだと何話?

【ワンピース】ロビン過去編は何巻何話からどこまで?アニメだと何話から何話まで?

↓ワンピース動画の2強VOD↓

-キャラ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事(一部広告含む)