【ワンピース】ヤマトとエースの関係は何巻何話でわかる?アニメだと?

悩める人
悩める人

ヤマトとエースの関係は?

何巻何話でわかる?

アニメは何話?

ここではヤマトとエースの関係がわかりますよ。

ヤマトとエースの過去シーンは何巻何話?アニメだと?

カイドウ息子ヤマトとルフィの兄であるエースとの関係について記載されているのは、

99巻999話「君がため醸みし待酒」〜1000話「麦わらのルフィ」

アニメ1013話「ヤマトの過去 四皇の首を狙う男」

にあたります。

原作とアニメとでは話数は一致しませんのでご注意を。

ヤマトとエースはいつ出会ったの?何年前の話?

ヤマトとエースが出会ったのは約4年前。

エース率いるスペード海賊団の船が九里ヶ浜に打ち上げられたのと同時期です。打ち上げられた直後、船に積まれている水と食料を盗まれたことがきっかけで編笠村の住人と関りを持つようになります。

このエピソードは、91巻911話「侍の国の冒険」、第912話「編笠村」に詳しく記載されています。

912話では、編笠村の住人に捕まったエースらが数週間ほど村に滞在していたことが分かります。

滞在期間中に何をしていたかは詳らかではありませんが、村の名産品の笠を編む作業を手伝っていたという説があります。たしかに過去に、リトルオーズJr.に編笠をプレゼントしたことがありましたね。

ワノ国で作り方を習ったんだ

被ってみろ

ONE PIECE 57巻555話 尾田栄一郎 株式会社集英社 2010年3月9日第1刷

アニメ1013話では原作の補足的に、拐われた子供たちを取り戻すべく、スペード海賊団が鬼ヶ島に向かっているシーンが描かれており、この後ヤマトと応戦します。この時が彼らの初対面。

おそらく、エースたちは編笠村を後にした後、他の村を経由しながら鬼ヶ島に向かったものと思われます。

二人が出会ったのはスペード海賊団が編笠村に滞在した後、間も無くと言えそうです。

ヤマトとエースの関係は?

恋愛関係はあったの?子供は?

99巻999〜1000話、アニメ1013話で語られている内容をみるに、

エースとヤマトが出会う

交戦しながら、エースがヤマトの親に対する嫌悪感を感じとり、自身と重ねる

ヤマトが心まで縛られている自分に気づく

意気投合して酒盛り

といった流れ。

ヤマトは8歳の時から鬼ヶ島に監禁状態となっており、父親であるカイドウに従う生活を送っています。心の中では嫌悪感を抱いていても親である以上、逆らうことができない状態。

そんな時にエースに出会ったわけです。

ヤマトは縛られて生きる自分とは対照的な、自由に生きるエースに憧れを抱いています。エース自身もヤマトと同様に父親に対して良い感情を抱いていないことから、2人は意気投合して友人に。

酒盛りしながら、海のこと、海賊のこと、エースの弟の話に花が咲きます。

ここまでの描写を考えると、彼らが恋愛関係にあったとは言えなさそうです。

恋愛的な描写がないですし、子供もいる気配はありません。

読者側としてはこんな妄想も楽しくはありますが…。

まとめ

・ヤマトとエースの関係は99巻999話〜1000話、アニメ1013話で描かれている

・ヤマトとエースは4年前に出会っている

・二人は友人関係

コメント

タイトルとURLをコピーしました