『ワンピース』に関する ”うんちく” がいろいろ揃うブログです

キャラ

【ワンピース】ルフィのギア2の仕組みや反動!いつから登場?

投稿日:2018年4月6日 更新日:

ワンピースのルフィが戦闘時に使う「ギア」はルフィ特有の戦闘方法ですが、たくさん種類があってややこしいですよね。

「ギア」は2から4まで3種類あり、それぞれ大きな違いがあるんですよ。そこで今回は、ルフィの「ギア2」の仕組みやどんな反動があるのかをまとめ、いつから登場したのか見ていきます。

 

ギア2とは?仕組みや反動をまとめたよ

ワンピースのルフィが使う「ギア2(ギアセカンド)」とは、両足をポンプのように使うことで血圧や血流を上げ、その力で身体・戦闘能力を爆発的に進化させて使う技のことです。

「ギア2」を発動させると、ルフィの身体は高温になって赤くなり、蒸気が噴出し始めます。

「ギア2」の状態で使う技は、通常時に使う技の強化版となるので、呼び名が「ゴムゴムのJET〜」に変わるんですよ。

ルフィはゴムゴムの実の能力者なので、「ギア2」使用時の超高血圧状態にも耐えられますが、多用しすぎると体が動かなくなったり、負荷のかけすぎで技が使えなくなるといった反動があります。

ただ、反動が出ていたのは「ギア2」を使い始めた最初の頃だけで、新世界編に入る頃にはほとんどなくなっており、身体の一部分を「ギア2」状態にすることもできるようになっています。

これは、使い慣れたこともあると思いますが、ルフィ自体が強くなった証でもあると考えられますね。

 

初登場はいつ?

「ギア2」がワンピースのストーリーで初めて登場したのは、ウォーターセブン編のエニエス・ロビーです。

裁判所屋上で、CP9諜報部員のブルーノと戦った際に初めて「ギア2」を使用しました。

「ギア」自体は、ロングリングロングランドで海軍大将・青雉(あおキジ/クザン)と戦って敗北したことがきっかけで編み出した技ですが、「ギア」を編み出す過程は描かれていません。

「ギア2」の圧倒的な強さを見せつけ、ルフィは「ギア3」を使う前にブルーノを撃破しています。

【ワンピース】ルフィのギア3の仕組みや反動!いつから登場?

 

まとめ

ワンピースのルフィが使用する「ギア2」という技は、足をポンプにすることで身体中を高血圧状態にし、通常技を数段階強化した技であると言えます。

技自体は同じでも、技を繰り出す手や足にかかる圧力が強くなるため、破壊力も大きくなっているということですね。

ルフィは戦うごとにどんどん強くなっていくので、次にどんな技が見られるのか楽しみです!

参考:

モンキー・D・ルフィ-Wikipedia

関連記事

【ワンピース】ルフィのギア4の仕組みや反動!いつから登場?

U-NEXT

-キャラ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です