『ワンピース』に関する ”うんちく” がいろいろ揃うブログです

キャラ 考察

【ワンピース】ローラは三姉妹で母はビッグ・マム?不思議の国のアリスが鍵

投稿日:2016年5月6日 更新日:

cheshire-cat-933185_640

こんにちは、ワンちくです。ローラの母親が四皇ビッグ・マム(シャーロット・リンリン)ではないのか?と以前から噂されていましたね。ここではローラのビッグ・マム娘説の伏線と『不思議の国のアリス』を元にローラ姉妹について考察していきたいと思います。(追記:ローラとシフォンは双子!父親は埋まったおっさん)

 

U-NEXT

ローラ&イボイノシシの初登場は何巻何話?

ローリング海賊団船長「求婚のローラ」の初登場は第49巻第476話p110です。

スリラーバークで登場しましたね。モリアから影を取られて麦わらの一味に望みを託しました。

でもそれより以前にローラの影がイボイノシシのゾンビの姿で第47巻第451話p29から登場しています。

なのでローラの体は第49巻第476話、影のゾンビは第47巻第451話が初登場となります。

人情味のあふれるローラ。第49巻の初登場の時点で求婚に4444回の失敗していますが、負けないで欲しいですね。ホントこの人大好きです。

 

ローラの母親はビッグ・マムなのか?伏線を確認

ローラの母親のビッグ・マム説を伏線から見ていきます。

ローラ

あんた達“新世界”へ行ってたの?

 

行ってたんじゃなくて

新世界の生まれなのよ!

 

私のママが

海賊

やっててね…………!!

 

そうだわ…!!

 

ーコレ

あげる

ママの“ビブルカード”

特別よ?

ナミゾウと私は

姉妹分だからね。

 

おおお!!

よかったなオイ

ローラ船長のママは

スッゲー海賊なんだぜ!!?

 

大事に持ってろよ

きっと後で役に立つぞ

 

出典:ONE PIECE 第50巻 第489話 p163 尾田栄一郎作 株式会社集英社 2008年6月9日第1刷

 

麦わらの一味に助けられ、ナミと友情が芽生えたローラ。

ナミにローラが自分の母の“ビブルカード”をちぎって渡すシーンです。

リスキー兄弟(覆面の方)から「ローラ船長のママはスッゲー海賊なんだぜ!!?」と言われています。

この“ビブルカード”でおそらく麦わらの一味は命を救われるであろうと考えられます。

 

リスキー兄弟の言う「スッゲー海賊」というのが四皇ビッグ・マムなのではないか?

 

と噂される根拠には

 

・ビッグ・マムは四皇の一人

・ローラは新世界生まれ

・四皇ビッグ・マムの本拠地は新世界のホールケーキアイランド

・ローラはお世辞にも容姿端麗とは言えない

・ビッグ・マムも全体像や顔全部は不明だが、だいぶ大きくて『不思議の国のアリス』のチェシャ猫っぽい顔

・ローラも顔の骨格が、『不思議の国のアリス』のハンプティダンプティっぽい

 

こういったことが考えられます。

 

 

『不思議の国のアリス』とビッグ・マムは似てる!ローラの三姉妹説の可能性

ビッグ・マムの本名はシャーロット・リンリンですね。

女海賊にシャーロット・デ・ベリーという人がいます。実在した海賊というか小説の主人公のモデルとなってキャラが一人歩きしてしまったというか。食糧難時に奴隷を食べしまったとかそんな逸話を持つ人物です。

この人がシャーロット・リンリンのモデルだとは言われていますが、それとはまた別にルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』に関わるものもシャーロット・リンリンとビッグ・マム海賊団の形成に深く関わっていると考えられています。類似点も多いです。

 

『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』とビッグ・マムとの類似点

<ワンピース>→<不思議&鏡の国のアリス>

・ビッグ・マム(シャーロット・リンリン)→顔はチェシャ猫っぽい、立場的に赤の女王、実在したアリスの姉と名前がかぶる。

アリスのモデルは三姉妹(Lorina Charlotte Liddell、Alice Pleasance Liddell、Edith Mary Liddell)です。長女ロリーナ・シャーロット・リドル。実在したアリスの姉です。

 

・タマゴ男爵 →ハンプティダンプティ

・ペコムズ  →代用ウミガメ

 

ローラがビッグ・マムの娘である確率というのは結構高いと思われるので、ローラも『不思議の国のアリス』あるいは『鏡の国のアリス』と何らかの繋がりがあると考えられます。

ローラも実在したアリスみたいに三姉妹とか。可能性はありますよね。

 

ローラ似の人物がビッグ・マムの船に!(追記:5/9)

ローラに似た人物がビッグ・マムの船に乗っていました。

「おかみさん」と呼ばれるこの人物。

一体何者なのでしょうか?

ローラが双子、あるいは三つ子以上の可能性が出てきました。

 

ローラのそっくりさんはシャーロット・シフォン!(追記:8/2)

「おかみさん」と呼ばれるローラそっくりの人物は

シャーロット・シフォン。

ビッグ・マムの22女でカポネ・ベッジの奥さんであることが明らかにされました。

だからゴッティが「おかみさん」って言ってたんですね。

ローラの実の姉妹と考えてよさそうです。

 

ビッグ・マムは夫43人、息子46人、娘39人の129人家族なのでローラの三姉妹説はいとも簡単に崩れてしまいまい、三十九人姉妹となります。ただ父親が異なるので義姉妹になります。

父親も同じ実の姉妹となると、ローラの双子説、三つ子説というのはまだ可能性がありますね。

 

ローラとシフォンは姉妹!母はビッグ・マムで父親は埋まってたおっさん(追記:8/8)

835話『魂の国』。

巨人だと思ってた顔のでっかいおっさん。地面に埋まってましたね。

この人物がジュースにつられてビッグ・マムのソルソルの実の能力について話してくれたわけですが、835話ラストでビッグ・マムの息子、シャーロット・クラッカーに引っこ抜かれてしまいます。

その時に顔デカおっさんがクラッカーに嘆願します。

 

・娘のシフォンに結婚のお祝いを言いたい

・家出したローラも心配

 

という内容。

シフォンとローラが姉妹であることはどうやら確定のようです。ローラの本名はおそらく

 

シャーロット・ローラ

 

顔デカおっさんの言葉の感じから、シフォンの方がローラの姉なのかなと思われます。

だいたい、自分の子供のことを話す時には、上の子から順に話していきますよね。

しかし、この埋まってた顔デカおっさんがシフォンとローラの父とは…。盲点でした。

 

シフォンはローラの双子の姉!(追記3/30)

第858話『会議』でローラとシフォンが双子であることが明らかにされました。ということでローラのお母さんはやはりビッグ・マムでした。

【ワンピース】ローラと姉は双子の姉妹か?不思議の国のアリスから考察

 

まとめ

・ローラの体は第49巻第476話、影であるイボイノシシのゾンビは第47巻第451話が初登場

・ビッグ・マムと『不思議の国のアリス』シリーズは類似点が多い

・ローラとシフォンは姉妹で父親は埋まってた顔のでかいおっさん

・ローラはシフォンの双子の妹、母親はビッグ・マム

 

関連記事

【ワンピース】ビッグマムはソルソルの実の能力で魂を与奪し寿命を操る

【ワンピース】プリンはメモメモの実の能力者!三つ目の正体は性悪女

【ワンピース】サンジの兄弟もぐる眉で似てる?ヴィンスモーク兄弟を考察

【ワンピース】サンジ正体を伏線から検証!ヴィンスモーク家と手配書の謎

U-NEXT

-キャラ, 考察


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です