『ワンピース』に関する ”うんちく” がいろいろ揃うブログです

アニメ イーストブルー

【ワンピース】エピソードオブイーストブルーの感想をまとめてみた!

投稿日:2017年8月27日 更新日:

夏の終わりに素晴らしいプレゼントだったのではないでしょうか?『ONE PIECE エピソードオブ東の海(イーストブルー)〜ルフィと4人の仲間の大冒険〜』が8月26日に放送されました。リアルタイムで見てた世代もイーストブルー編を見ていなかった世代も感無量だったのでは。感想をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

エピソードオブイーストブルー放送後の感想を見てみた!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

観終わって思ったこと

名場面の多いイーストブルー編を2時間ほどによくまとめたなとただただ感心してしまいます。ベルメールさんのとこよかったな〜。ナミにつられて泣いてしまいました。

だいぶざっくり、名場面をぎゅっと抑えている感じなので、長年のファンには、「サクサク見れて面白いけど初めて見る人は話がわかるのかな?」というような感想もありました。2時間にどの場面を入れ、どの場面を削るのか、だいぶ悩まれたのではないでしょうか?

今回、入っていない名シーンもたくさんあるんですよね。ウソップ海賊団の解散シーンもおすすめなんですよ。原作もアニメももう一度観て欲しいシーンの一つです。

 

アニメ制作にかけられる予算の問題とか手仕事とCGとの兼ね合いとかいろいろあるんだろうなと思いますが、今回のエピソードオブイーストブルーは作画にもだいぶお金と時間がかかっていたような印象を受けました。

個人的に最近のアニメの線の感じとか色合いとかが気になっていたのですが、今回絵が凄く良かったと思います。

 

「ウィーアー! for the new world 〜With 100 friends〜 」も一体感があって良かったですね。ご参加された皆様お疲れ様でした!

 

今回サンジの回想シーンでゼフが片足を失った理由の所をすんなり観ることができました。

通常のアニメ版では、嵐の海に落ちたサンジを救う際に船体に足が挟まってしまって、ゼフ自ら碇の鎖で足を引きちぎったというような設定でした。

今回は原作同様、船が難破したときに食料をサンジに全てわたし、ゼフは自らの片足を食べて食いつないでいたというニュアンスともとれました。

アニメの原作との内容変更は小さい子供たちへの影響を考えられてのこと。アニメ放送当時は夜の7時代の放送でしたから。先日放送されたビッグ・マム編でのサンジの回想シーンもゼフが鎖で足を引きちぎるシーンがありました。

今回のエピソードオブイーストブルーの場合、総集編なのでいろんな所をはしょっています。それが結果的に原作に近い表現ともとれるシーンとなったのかもしれませんね。放送も夜9時以降ですし。視聴者側の想像力に委ねられた感があります。原作を知ってる人は原作を想像するし、アニメのみを知ってる人はアニメ版の内容を想像するし。

原作に沿った内容の方がやはり、サンジがゼフとバラティエに執着する理由としてしっくりきます。

 

総じて、連載20周年を記念する夏の素敵な番組だったと思います。これをみるとやはり原作を最初から読み直してアニメも1話からみたいと思ってしまいます(笑)

 

【ワンピース】エピソードオブイーストブルーは何巻何話からどこまで?

 

まとめ

・ツイッターの感想も好評

・絵も歌も良かった

・名場面をぎゅっとまとめられているので、初見の人にはぜひ原作も読んでもらいたい

スポンサーリンク

-アニメ, イーストブルー


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です